屋外設置用の監視カメラ

屋外設置用の監視カメラ


コンビニやスーパー、駐車場、オフィスビルのエントランス、マンション周りなど、
監視カメラが設置されている箇所が、年々増加しているように感じることはないでしょうか。
 
店舗や大型ビルなどに比べると、自宅に監視カメラを導入している家庭はそれほど多くないようです。
しかし、監視カメラの存在を知っていて、これから設置する、または導入を検討しているという方は非常に多く、
今後ますます監視カメラの需要は高まっていくことが予想されます。
 
そこで今回は、普段の生活でよく目にする「屋外設置用の監視カメラ」にスポットを当てて、
特徴や機能などをご紹介していきます。
 
目次
・屋外設置用の監視カメラとは
・屋外用監視カメラの特徴や機能
 
 
1.屋外設置用の監視カメラとは                
監視カメラといえば、屋外に設置してある「屋外設置用の監視カメラ」を
思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
屋外設置用の監視カメラは、文字通り『屋外』に設置することを目的として作られた製品です。
 
屋内に設置する監視カメラは、屋内設置用の監視カメラがあるため、
目的や設置場所に適した仕様の製品を選ぶことが大切です。
 
1-1.屋外に設置する監視カメラの選び方
「屋外に設置する監視カメラの選び方」は、システムや形状、
さらに機能などの目的別で選び分けることができます。
 
・システムで選ぶ屋外設置用の監視カメラ
監視カメラで撮影する映像をどのように出力、そして保存するかの「システム」はとても重要です。
設置コストをできるだけ抑えるためには、SDカードが内蔵された監視カメラが最も低価格です。
 
また、録画データの盗難が心配なときには、「アナログカメラ」を設置して、
配線コードを介して室内に設置した録画装置に映像を出力し保存することができます。
アナログカメラのような配線コードの設置が面倒であるという場合は、
「ネットワークカメラ」や「無線カメラ」を設置すると良いでしょう。
インターネットなどの通信を介して映像を出力、そして保存されるタイプの監視カメラであり、
ネットワークの状況や録画装置の設置場所、スマートフォンアプリの導入によっては、
いつでもどこからでも映像元にアクセスすることができます。
 
・形状で選ぶ屋外設置用の監視カメラ
威嚇することを目的に設置するのであれば、「ボックスカメラ」のような大きめの「形状」で、
目立つタイプの監視カメラを選ぶといい
でしょう。
また、夜の映像を鮮やかに写すための赤外線LED機能付きであれば、
夜間になると赤外線ライトが点灯するため、威嚇するには非常に効果的といえます。
 
 
また、監視カメラを目立たせないことが目的であれば、
「ドーム型カメラ」や「小型カメラ」がおすすめです。
ドーム型カメラが設置されていても、カメラのレンズがどこを向いているか分からないため、
監視カメラが作動中であることに意識が向きにくいようです。
 
また、小型カメラは、設置場所のスペースを最小限に抑えることができるほか、
誰にも気付かれずに監視カメラを設置するときに効果的
です。
近年は、監視カメラの小型化が進み、撮影機能や性能なども非常に優れた製品が増えています。
 
・機能で選ぶ屋外設置用の監視カメラ
監視カメラを設置するにあたり、どのような「機能」があると便利であるか検討することからはじめます。
日中の映像を映すだけであれば、夜間に対応できる機能がなくても十分なため、
費用が比較的安く抑えられる
でしょう。
 
一方で、夜間の監視を重視しているのであれば、暗闇でも撮影が可能な赤外線LED機能付きの監視カメラや、
デイナイト機能付きの監視カメラを選ぶようになります。
 
 
以下は、屋外用監視カメラの特徴や主な機能についてご紹介しています。
屋外設置用の監視カメラ選びをするときに、ぜひ参考にしてみて下さい。